Kyoto University
Graduate School of Science
Department of Geophysics

学生の皆さんへのメッセージMessage to students

地震と火山に関する研究は学ぶことの多い非常に魅力的な分野です。最近の数十年間で地震・火山の研究におけるモデリングとモニタリングの能力が非常に改善した一方、これらの自然現象についての私たちの理解はいまだに限られています。我々の目の前にはまだまだたくさんの課題が山積していますが、同時にすばらしい科学的発見が得られる見込みもあります。私たちの研究成果は自然災害による被害・損害を評価し軽減する助けにもなります。京都大学での地球物理学の研究に興味のある学生の皆さん、遠慮なくご連絡ください。歓迎いたします。

研究についてResearch

私の主な科学的関心は、地震の発生をコントロールする物理現象を理解し、地震のリスクをよりよく評価する方法を見つけることにあります。現在は地震および非火山性微動の誘発について様々な角度から研究をおこなっています。また地殻における地震波特性の時間的変化の研究や詳細な地下速度構造のマッピングにも強い関心を持っています。私は日本はもちろんのこと、アメリカ、フランス、ドイツ、スイスおよびルーマニアの大学・研究所の研究グループとも共同して研究をおこなっています。

Contact


Bogdan Enescu (居室:理学研究科1号館 244号室)
京都大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 地球物理学教室
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町

Tel: 075-753-4293 ; Fax: 075-753-4189
メール*: benescu{at}kugi.kyoto-u.ac.jp / bogdan3j{at}gmail.com
*上記アドレスの{at}を@に変えてから、送信ください。

NewsSee All

Hi-net(NIED)観測点で記録した2017年9月3日の北朝鮮の人工地震 (PDFリンク)[2017年9月]


「日本海溝沈み込み帯での地震活動の変化とサイスミック・カップリングの関係」についての論文はJGR雑誌に公開されました。 (リンク)[2017年6月]


Dr. Francesco Grigoli (ETH Zurich - スイス連邦工科大学チューリッヒ校)がセミナーおよびディスカッションのために研究室に来てくださいました。[2017年6月]


"JpGU-AGU Joint Meeting"セッションを立ち上げました。[2017年1月]


M7.3熊本地震後の日本列島で遠隔湯発された地震についての論文がEPS雑誌に公開されました。(リンク) [2016年11月]


LOCメンバーとして、三重県で第10回国際地学オリンピック(8月20日〜27日)に参加。(リンク) [2016年8月]


ETASモデルに関する共同研究論文はSRL雑誌に公開されました。(論文) (ソフトウェア) [2016年8月]


熊本地震に関する共同研究論文はEPS雑誌に公開されました。(リンク) [2016年8月]


Links

京都大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻Link

  

京都大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 地球物理学教室 Link


京都大学 教育研究活動データベース Link


Google Scholar Link & Research Gate Link